沿革

1936年(昭和11年)
資本金8万円で埼玉ゴム工業㈱を設立。ゴム履物の製造販売を開始。
1948年(昭和23年)
資本200万円に増資。
1965年(昭和40年)
資本金1600万円に増資。工業用ゴム製品の生産を開始。
1969年(昭和44年)
電子部を新設し加須市不動岡に新工場建設。
1970年(昭和45年)
本社工場内に新工場建設。自動車用ゴム製品の生産開始。
1975年(昭和50年)
東武東上線内にて食品製造販売(達磨)開始。
1990年(平成2年)
電子部を分離、株式会社サンテックを設立。
1992年(平成4年)
資本金9987万円に増資。羽生小松台工業団地に羽生工場操業開始。
1996年(平成8年)
開発センター完成。
1999年(平成11年)
羽生工場、用地拡張。
2000年(平成12年)
ISO9002取得。
2001年(平成13年)
羽生工場増築。
2002年(平成14年)
環境測定事業(環境メッシュ)開始。
2003年(平成15年)
ISO9001へ認定移行。
2009年(平成21年)
外苑北SRCビル完成。不動産賃貸事業開始。
2011年(平成23年)
春日部駅西口社有地の定期賃貸開始。
2012年(平成24年)
食品製造販売(達磨)を終了。
2013年(平成25年)
本社に太陽光パネルを設置。
2017年(平成29年)
本社工場、用地拡張。
  • 本社工場正門
    本社工場正門
  • 昭和44年 社員旅行
    昭和44年 社員旅行
  • 1970年代 電子工場内部
    1970年代 電子工場内部
  • サンテック
    サンテック
  • 羽生工場
    羽生工場
  • 環境メッシュ 作業
    環境メッシュ 作業
  • 現本社社屋
    現本社社屋
  • 本社工場正門
    本社工場正門
  • 昭和44年 社員旅行
    昭和44年 社員旅行
  • 1970年代 電子工場内部
    1970年代 電子工場内部
  • サンテック
    サンテック
  • 羽生工場
    羽生工場
  • 環境メッシュ 作業
    環境メッシュ 作業
  • 現本社社屋
    現本社社屋